【マケキャンorデジプロ】webマーケティング極めるならどっち?【徹底比較!】

webマーケティング マケキャン デジプロ

この記事でお伝えすること

  • マケキャンとデジプロのちがい早見表
  • マケキャンに向いている人、デジプロに向いている人はこんな人

「webマーケティングを学びたいんだけど、マケキャンとデジプロどっちがいいんだろう?」

「マケキャンとデジプロのちがいをササっと確認したい!」

とお考えではありませんか?

この記事の結論を先に述べます。

  • マケキャンもデジプロもどちらもweb広告運用メインのカリキュラム
  • マケキャンの方がクライアントワークを含めた上流寄りのスキルを学べる
  • デジプロの方がweb広告を極めてガンガンものを得るスキルを学べる
  • 転職などのキャリア形成をメインに考えているならマケキャンがおすすめ
  • 自身の商材だったりアフィリエイト商材を売りたいと考えているならデジプロがおすすめ

これまでテレビに流れていた莫大な広告料が、いまwebの世界に流れ込んでいることもあって非常に稼ぎやすく、やりがいある仕事にあふれているwebマーケター。

スクールはそんなwebマーケティングの世界への特急券になります。

決して安いとはいえませんが、受講料以上の世界があなたを待っています。

まずは無料カウンセリングからどうぞ。

 

未経験からマーケターへの近道!?

どのwebマーケティングスクールが良いのか迷っているということであれば、「TechAcademy WEBマーケティングコース」「マケキャン by DMM.com」「デジプロ」といった人気スクールの無料カウンセリングに早速申し込んで比較をはじめましょう。

 

これは当サイトで何度もくり返していることですがマーケターは情報収集が命です。

3つのスクールはこのページからたくさんの方にお申込みいただいております。
ライバル達はもう動き出しているのです。

 

  • TechAcademy WEBマーケティングコース
    第一線でバリバリ活躍するメンターから直接指導をうけられます。
    オンラインでの指導ですので全国どこでも受講できるのがTechAcademy!
  • マケキャン by DMM.com
    WEBマーケターへの転職希望ならマケキャン by DMM.com。
    年収を大幅UPさせた事例が豊富!
  • デジプロ
    web広告を学ぶならデジプロ!
    各種web広告のさわり方から運用の考え方までしっかり学べます。

 

ハードルが高く感じるかもしれませんが、一歩目を踏み出せば世界が変わります。

マケキャンとデジプロを表で比較

マケキャン デジプロ
運営会社 株式会社インフラトップ(DMM.com グループ) 株式会社Hagakure
カリキュラム Webマーケティングの基礎と応用
Webマーケティングの業界理解
検索広告概論(Google・Yahoo)
ディスプレイアドネットワーク概論①(ターゲティングの仕組みと設計)
SNS広告概論(Twitter、Facebook、Instagram、LINE)
顧客課題分析のポイント
プロジェクト管理
ディスプレイアドネットワーク概論②(DSP概論)
データ解析(ユーザー行動分析、タグマネジメント)
リスティング広告
Google広告
Yahoo広告
Facebook広告
Twitter広告
ディスプレイ広告
データ分析
Excel
受講形式 教室+オンライン
(2021年現在は、オンラインのみ)
教室+オンライン
※東京渋谷と大阪に教室あり
受講期間 3ヶ月 2ヶ月
料金 入会金:33,000円
受講料:転職コース 657,800円 / 学習コース 385,000円
※月々31,900円の分割払い(※転職コースの場合)
オンラインプラン:入会金:30,000円+受講料 :350,000円
通学プラン:入会金:30,000円+受講料:300,000円
メンター制度 あり パーソナルトレーナーが継続的に学習できるように進捗サポート
転職サポート 転職できなければ受講料の半額返金の転職保証制度あり 転職支援はなし

【序論:マケキャンとデジプロの比較】webマーケティングを極めるならどっち?

webマーケティングを学ぶのにマケキャンとデジプロのどちらがいいか決める基準ですが、次のとおりです。

転職支援で選ぶならマケキャン
授業料を抑えたいならデジプロ

マケキャンは「新しいキャリアをスタートしたい方」向けのサービスです。

デジプロは「WEB広告運用という専門スキルを習得して手に職をつけたい方」向けのサービスです。

マケキャンとデジプロの3つのポイントを比較

3つのちがい
学習内容のちがい(カリキュラム)
料金のちがい→一月当たりで見るとそれほど変わらない
対象年齢のちがい(転職支援)→35以上・転職5回以上はNG(3)

転職支援ならマケキャン、受講料抑えるならデジプロ(4)

カリキュラムで比較する

webマーケティングを学ぶ観点からマケキャンとデジプロを比較していきたいと思います。

こちらが両スクールのカリキュラム。

マケキャン デジプロ
カリキュラム Webマーケティングの基礎と応用
Webマーケティングの業界理解
検索広告概論(Google・Yahoo)
ディスプレイアドネットワーク概論①(ターゲティングの仕組みと設計)
SNS広告概論(Twitter、Facebook、Instagram、LINE)
顧客課題分析のポイント
プロジェクト管理
ディスプレイアドネットワーク概論②(DSP概論)
データ解析(ユーザー行動分析、タグマネジメント)
リスティング広告
Google広告
Yahoo広告
Facebook広告
Twitter広告
ディスプレイ広告
データ分析
Excel

専門的な言葉が並んでいますが、どちらもWEB広告に関するものがメインに据えられています。

マケキャンのカリキュラム

どちらかというとマケキャンはプランニングを中心に学ぶカリキュラムになっています。

プランニングというのは「市場の分析→施策の創出→広告出稿プランの提案」までの一連の流れのことをいいます。

プランニングに加えて、基礎知識だったりディスカッションといった項目をカリキュラムに取り入れているのは、web広告代理店という現場で必要とされるスキルなためです。

マケキャンの方がクライアントワークまで含めたやや広めのテーマを扱っています。学習期間がデジプロよりも一ヵ月長いのはその辺りのことが関係しています。

デジプロのカリキュラム

そしてデジプロはWEB広告そのものを実践するカリキュラムになっています。

各WEB広告の管理画面の操作方法およびデータの見方、分析方法、次なる一手の創出といった実践的な内容です。

webマーケティングスクールは何社かありますが、実際に広告予算を消化しての広告運用を経験できるスクールはほぼありません。しかも現役のwebマーケターがメンターとして隣についてくれている状態でとなるとデジプロくらいなものです。

デジプロは実務経験にかけることを売りにしています。マケキャンよりも尖ったカリキュラムを敷くことで、即戦力として活躍できる実力を目指せるというわけです。

費用で比較する

それではつぎに費用で比較していきたいと思います。

マケキャン デジプロ
受講期間 3ヶ月 2ヶ月
料金 入会金:33,000円
受講料:転職コース 657,800円 / 学習コース 385,000円
オンラインプラン:入会金:30,000円+受講料 :350,000円
通学プラン:入会金:30,000円+受講料:300,000円

マケキャンは転職コースを選んだ場合、入会金を含めて約69万円です。

デジプロはオンラインプランを選んだ場合、入会金を含めて35万円です。

一月当たりの料金を比較すると、

マケキャン:69万÷3カ月=23万円
デジプロ:35万÷2カ月=17.5万円

およそ、5万円ほどの差があります。

これは転職支援の料金が上乗せされているからではないかと予想されます。

料金を安く抑えたいのであればデジプロを選んだほうが良いですね。

転職支援で比較する

最後に転職支援で比較していきます。

マケキャン デジプロ
転職サポート 転職できなければ受講料の半額返金の転職保証制度あり 転職支援はなし

マケキャンでは29歳以下の方は転職保証制度を受けることが可能です。

運営元であるインフラトップが転職先を紹介してくれる上、書類や面接のサポートも整っています。

万が一、転職活動に失敗するようなことがあった場合にも受講料の半額が返金されるという制度をしいています。転職サポートによほどの自信がないとなかなか打てない施策ですよね!

一方でデジプロですが、転職支援はありません。

メンターは現役のwebマーケターばかりですので、簡単なアドバイスくらいなら得られますが、転職活動自体は自分自身で行っていく必要があります。

ただし、web広告運用は未経験での募集もおおい職種ですのでwebや広告業界に強いマスメディアンのような転職エージェントを利用すれば特につまずくこともないはずです。

3つの比較ポイントまとめ

カリキュラム

  • マケキャン:クライアントワークも含めた広告周り
  • デジプロ:WEB広告運用に特化

料金

  • マケキャン:690,800円(入学金含む)
  • デジプロ:380,000円(入学金含む)

転職支援

  • マケキャン:手厚いサポート
  • デジプロ:ほぼなし

マケキャンとデジプロの口コミ・評判を比較

 

マケキャンの評判・口コミ

マケキャンの口コミをご紹介。

まずは卒業生の声から。

転職支援を売りにしているだけあってサポートがしっかりしていたというご意見。

マケキャンの評判・口コミ

先日内定を承諾させていただき、転職活動を終えました

新卒11ヶ月で退職し、悩み込むことも数多くありましたが、マケキャンの方々や家族、友人など数多くの支えあって、納得の結果となりました!本当に感謝です。

諦めなければ必ず目標は叶います!
苦しい時期こそ前向きに!

 

 

つぎは外部から見たマケキャンの評判。

webマーケティング会社でマーケターとして働いているかたのご意見です。

マケキャン卒業生は本職の方からも熱い視線を送られているようです。

評判・口コミ

最近マケキャンの方のツイートをよく拝見するようになり凄く勉強熱心なのと学んだ事をアウトプットされてて日々関心します。アウトプットされてる内容見ると内容素晴らしいなと思いますので独学で基礎勉強してきた自分としてはたまに羨ましく感じます 笑 スクールの学びの利点は学習効率が良い点ですね。

 

 

転職活動中のマケキャン卒業生が面接担当の方から頂いたというこんなご意見も。

企業からの評判も良いみたいですね。

評判・口コミ

昨日面接でマケキャンの卒業生頑張ってくれてるよ〜って言われたのは本当に嬉しかったし、自分も頑張ろうと思いました!

デジプロの評判・口コミ

デジプロに決めたというこちらのお二方のご意見を紹介したいと思います。

評判・口コミ

我流で広告回していたところもあったから、一度ちゃんと勉強してプロフェッショナルになるためにデジプロさんに申し込みました!

評判・口コミ

昨日デジプロというスクールに入りました! スキルのあるwebマーケターになる為の先行投資だと思い迷わず決めました! これから学んだことのアウトプットなどを発信していきたいと思います!

総評:マケキャン・デジプロの評判について

マケキャンとデジプロの評判についてリサーチしてみての感想です。

ネガティブな意見をいう人もいたのですが、そういった方はマケキャンやデジプロどころかwebマーケティングスクールを利用したことすらない人が大半でしたね。

マケキャンを利用している人はマケキャンのことを良く言うし、デジプロを利用している人はデジプロをのことを良く言う傾向があるように思いました。

人間の心理として利用していると愛着がわいてくるものなのかもしれません。

ずさんな運営をいていれば必ず悪評を立てられるものですので、両社ともしっかりとしたサービスを提供しているということが読みとれます。

マケキャンはこんな人向け

マケキャンに向いているのは次のような人です。

  • webマーケティング業界に転職したい方
  • 未経験からwebマーケターになりたい方
  • ゆくゆくは独立してフリーランスのマーケターになりたい方

マケキャンは、実践的なスキルを手に入れる場所というよりも、web広告代理店の一員として現場で活躍するために必要なビジネススキルをみがく性格が強いスクールです。

広告を動かす職人的なはたらき方よりも、ディレクションやマネジメント、営業といった働き方を目指したいという方に向いているスクールになります。

ゆくゆくはフリーランスマーケターとして他社のマーケティング支援をしていきたいと考えている方にもおすすめです。

他社と仕事をしていくということになると、案件の受注からマーケティングプランの提案ができる必要があります。

その点、広告運用に特化したデジプロよりも広めのフィールドを学ぶことができるマケキャンがおすすめなのです。

デジプロはこんな人向け

デジプロに向いているのは次のような方です。

  • web広告の運用スキルを習得したい方
  • 自分で副業をはじめたい方
  • 現役のプロからノウハウを学びたい方

デジプロは、web広告運用という職人的なスキルを身につけることに特化したスクールです。

実際に広告予算を消化しての運用を経験できる数少ないスクールであり、メンターも現役のwebマーケターばかり。使える技術を教わりたいならデジプロがおすすめです。

 

自社の商材であったり、アフィリエイトプログラムを利用して副収入を得たいという方にもおすすめです。

デジプロで学ぶことができるのは「売るための技術」ですので、ご自身で商材をお持ちの方の場合はマケキャンよりもデジプロのほうが合っていると言えます。

また、副業でアフィリエイトをやっていきたい方の場合、特に難しいクライアントワークは発生しませんので、より売ることに特化したデジプロがおすすめというわけです。

【webマーケティングを極めるなら】卒業してからの方が大事!

webマーケティングスクールは次のステップに進むための通過点にすぎません。

  • 将来性のある業界で仕事をしたい
  • webマーケターになって収入を増やしたい
  • 時間や場所にとらわれない生活を手に入れたい

このような夢をかなえるためには、マケキャンやデジプロを卒業したあとの方が大切になってきます。

webマーケターとしてキャリアを積んでいけば年収1000万のカベを超えることだって難しくありませんし、自由に働くフリーランスとして生きていくことも可能です。

副業との相性も抜群ですので、さらに生き方の可能性が広がります。

3つ、webマーケターのキャリアについて押さえておきたいことがあります。

webマーケターとしてのキャリア
  • スクール卒業後すぐフリーランスというのはやめた方がいい
  • 広告運用以外のスキルも必要
  • 機能会社(web広告代理店)がおすすめ

卒業してすぐフリーランスというのはやめた方が良い

スクールを卒業してフリーランスというのはやめた方が良いですね。

そもそも案件を獲得すること自体がむずかしいです。

企業側からすると、自社の仕事を任せるからには、経験と実績がしっかりしている人に頼みたいものですよね。

マケキャンやデジプロといったスクールは、仕事の仕方もしっかりと教えてくれますが、経験値まではカバーしきれないものです。

ですので、企業に入ったり、自分自身でモノ(自分の商品やアフィリエイト)を売ったりして実績作りにはげんだほうがよいです。

広告運用以外のスキルも必要

マケキャンもデジプロも、カリキュラムの中心になっているのはweb広告運用です。

web広告運用はwebマーケティングの一部にすぎません。

  • SEO対策
  • SNS運用
  • ライティングやデザインなどweb制作一般

なにか一つ突き抜けた武器があると良いのはもちろんですが、他のことが丸っきり出来ないでは心もとないと言わざるを得ません。

マケキャンやデジプロでweb広告運用を学ぶのと並行して、上のスキルも身につけておきたいモノです。

そういった意味で、副業をしてみるのがおすすめです。

独立を目指すなら機能会社(web広告代理店)に入ろう

将来フリーランスとして独立を考えている方は機能会社(web広告代理店)で修業を積むことをおすすめします。

webマーケティング職の就職先には、事業会社と機能会社という分類があります。

  • 事業会社:自社でサービスを運営している会社
  • 機能会社:他社のサービスを支援していく会社

たとえばメルカリやウーバーイーツといった会社は独自のサービスを持っていますよね。webマーケターとして事業会社に就職すると、その会社のサービスを扱うのがメインとなります。

機能会社というのはweb広告代理店です。独自のサービスを持っておらず、販売することに特化した会社です。web広告代理店に入社すると、バリエーション豊かな商材を扱うことになります。

事業会社だと1つの業界の経験しか積むことができません。

しかし機能会社ならクライアントの数だけ豊富に業界経験を積むことができます。

フリーランスとして独立した場合、いろんな業種に携わった経験を持っている方が信頼されやすかったりしますので、修行先にはぜひ機能会社(web広告代理店)を選ぶことをおすすめします。

【webマーケティングを極めるなら】マケキャンとデジプロを試してみよう!

webマーケティングの基本に「リサーチ」と「テスト」という考え方があります。

  • リサーチ:これから攻める市場について情報収集をすることを指します。
  • テスト:本格的に予算を投入する前に小さな予算で試してみることを指します。

マケキャンとデジプロを比較しているというのは、いわば「リサーチ」をしている段階というわけです。

リサーチは実践に生かさなければ時間のムダになってしまいます。

とはいえ考えなしに飛び込んで、ケガをするのは避けたいところです。

幸い、マケキャンとデジプロのどちらも無料でのカウンセリングや説明会を開いています。

誰でも気軽に受けられますので、リサーチの次のステップに進んでみることをおすすめします。

  • マケキャン by DMM.com
    WEBマーケターへの転職希望ならマケキャン by DMM.com。
    年収を大幅UPさせた事例が豊富!
  • デジプロ
    web広告を学ぶならデジプロ!
    各種web広告のさわり方から運用の考え方までしっかり学べます。