【断言!】webマーケティングがオワコン化するなんてあり得ない件

webマーケティング オワコン

「webマーケティング業界に進むか迷っているけどオワコン化しないか心配……」

「webマーケティングの道に進むと失敗するんじゃないか……」

とお考えではありませんか?

この記事の結論を先に述べます!

この記事の結論!
  • webマーケティングがオワコン化するなんてあり得ない
  • むしろwebマーケティングを制する者がビジネスを制する時代

webマーケティングがオワコン化するなんてあり得ません。

これは強い口調で断言できることです。

その根拠は、これまでに現れたどのメディアよりもwebはマーケティングに適しているからです。

 

webの世界はユーザーの行動を計測してデータを取ることができます。

計測したデータをもとに広告を改善することによって、ガンガンとビジネスをまわしていけるのがwebマーケティングの強みなのです。

 

webマーケティングがオワコン化するなんて考えられないのです。

  • web広告代理店に入る
  • 個人で副業のために使う
  • 企業から案件を受託してフリーランスとして働く

webマーケティングを習得すると生き方が段違いに広がります。

もしもwebマーケターとして向いているのかを知りたいのであれば、マケキャンというwebマーケティングスクールが、webマーケターを目指す方のために無料でカウンセリングを行っています。

完全無料で質問できますので、一度ためしてみることをおすすめします→マケキャンの無料カウンセリング>>

完全無料で利用できる転職サービス

情報戦を戦い抜くのがデキるマーケターというもの。
あなたの戦いのために4つのサービスは必ず役に立ちます。
【まずは登録】リクナビNEXT
【人材大手&充実サポート】doda(デューダ)
【20~30代の転職に強い】マイナビエージェント
【web・広告業界で最大手】マスメディアン
今すぐ登録して利用し倒しましょう。

webマーケティングはオワコン化しない

企業にとってwebはフロンティア

企業にとってwebの世界はフロンティアです。

かつて娯楽の王様といえばテレビでした。

しかし、YouTubeの台頭や各種SNSの発達によって、人々はwebの中で多くの時間を過ごすようになります。

人の流れに合わせるように、広告費もテレビからwebへと流れていきました。

Googleの検索結果画面を見てもらえばわかるかと思いますが、今やあらゆる検索キーワードの上位に企業が運営するメディアがその座を占めています。

しかもweb広告には、従来の広告とは一線を画した強みがあります。

ユーザーのアクションを精密に数値化することができるため、広告の改善がしやすくなったのです。

webは企業にとってまさに楽園なのです。

webマーケティングがオワコン化するなんて考えられないような状況を呈しているのです。

個人にとってのwebマーケ

個人にとってもwebマーケティングは追い風が吹いています。

各企業の広告費がwebの世界に流れ込んでいることから、web広告代理店には案件があふれかえっています。

人手不足が続いており、フリーランスのwebマーケターも非常に活躍しやすい状況となっています。

しかもwebマーケティングは個人でも手をつけやすいため、副業にもピッタリなのです。

SNSやブログを頑張ることによって、月に数万円~数十万円を稼いでいる学生や社会人なんてザラにいます。

個人にとっても、当面webマーケティングがオワコン化する状況はやってこないでしょう。

個人のwebマーケティングは半分オワコン

webマーケティングがオワコン化するなんてあり得ないというのが当編集部の意見ですが、一部オワコン化している領域があります。

個人のSEOです。

個人のSEOはオワコン化がはじまっている

個人のwebマーケティングは半分オワコン化していると言えます。

かつてSEOは費用対効果が抜群のwebマーケティング施策でした。

SEOとは、Googleなどの検索結果に上位表示できるようwebサイトを改善していく活動のことです。

いわゆるブラックSEOとよばれる手法をつかえば個人のアフィリエイトサイトでも簡単に上位表示ができていたのです。

ブラックSEOとは、検索エンジンのウラをかくようなSEOのことです。

中古ドメインを使ったり、自演リンクを送ったりといった手法です。

個人のアフィリエイターが月に数百万~数千万もの利益を上げていた時代があったのです。

しかし、いまやそういったブラックな手法は検索エンジンに通用しなくなっています。

今どのようなwebサイトが検索エンジンに評価されやすいのかと言えば、有名な企業が運営するwebサイトが優遇されるようになっています。

個人がどれだけ優良なコンテンツを作ろうとも、そこそこのコンテンツの入った企業サイトに太刀打ちできない環境なのです。

そういった意味では、個人のwebマーケティングはオワコン化していると言えます。

 

個人はSNSというフロンティアで戦え!

個人のwebマーケティングが完全にオワコンになってしまったのかというと、そうでもありません。

個人はSNSを主戦場にwebマーケティングを戦いましょう。

InstagramやTwitterをはじめとした、各種SNSで見込み客と接触するのです。

市場をリサーチして、ターゲットに刺さるコンテンツを発信、手持ちのアカウントにユーザーの流入を促すという一連の流れはSEOと本質的に変わるところがありません。

もちろん検索エンジンからSNSへとプラットフォームが変われば攻略方法も様変わりしてしまいますが、企業と個人が平等な土俵の上で戦えるフィールドはSNSならではの強みです。

個人が一発逆転を手にするなら広告運用!

個人でもかつてのSEOと同等の破壊力をもつ施策があります。

web広告運用です。

リスティング広告、ディスプレイ広告、Facebook広告にYouTube広告。

いわゆるアドアフィリエイターとよばれる人たちは、エリートサラリーマンの年収を月で稼ぎます。

広告費がかかったり、トライ&エラーが大変だったりという苦労はありますが、個人が一発逆転を手にするならweb広告運用をおいてほかにありません。

個人でwebマーケティングを活用して大きく稼ぎたいのでしたら、ぜひともweb広告運用を身につけることをおすすめします。

まとめ:webマーケティングを制する者がビジネスを制する時代

ビジネスを展開するうえでwebマーケティングは欠かすことのできない技術となりつつあります。

大規模にビジネスを展開する企業はもちろん、個人であってもwebマーケティングスキルを駆使することによって副業で大きく稼ぐことができるのです。

正しい知識を正しい手順で身につければ、誰にだってできることです。これからライバルも増えていくことが予想されます。

webマーケティングに興味があるのでしたら、ライバルたちが参入してくる前に動くことをおすすめします。

少しでもリードを作っておけば優位に戦えますからね。