【警告】webマーケティング業界はやめとけと言われるワケとは?

webマーケティング やめとけ

この記事でお伝えすること
  1. webマーケティング業界はやめとけと言われる3つの理由
  2. webマーケティング業界はやめとけと言われる人の8つの特徴
  3. webマーケティング業界の将来性

 

ご存知ですか?
転職活動をしている人は、平均2.1社の転職エージェントを活用しています。
さらに、転職に成功した人となると、実に平均4.2社もの転職エージェントに登録しているんです。
リクナビの調査より)

完全無料で利用できる転職サービス

マーケターの仕事はリサーチから。
転職サイトで希望の求人案件を探して、転職エージェントで申し込むべし!

 

(1)【まずは登録】リクナビNEXT
言わずと知れた転職サイトの王道。マーケターとしての第一歩はリクルートNEXTを制することから。まずは登録、リサーチです。

 

(2)【人材大手&充実サポート】doda(デューダ)
人材大手のパーソルキャリアが運営する転職サイトです。サイト内でエージェントを利用をすることも可能なので、一手で二歩すすめるおいしいサービス。こちらの登録もマスト!

 

(3)【20~30代の転職に強い】マイナビエージェント
株式会社マイナビのエージェントサービスがこちら。人事・採用担当と太いパイプを持つキャリアコンサルタントがマーケターへの道をこじ開けてくれます。

 

(4)【web・広告業界で最大手】マスメディアン
web・広告・マスコミの分野で最大規模の転職就職エージェントがマスメディアン。マーケターにおなじみの宣伝会議が運営するサービスです。ワンランク上の転職・就職活動をしたいなら必ず利用すべし!

 

情報戦を戦い抜くのがデキるマーケターというもの。
あなたの戦いのために4つのサービスは必ず役に立ちます。
【まずは登録】リクナビNEXT
【人材大手&充実サポート】doda(デューダ)
【20~30代の転職に強い】マイナビエージェント
【web・広告業界で最大手】マスメディアン
今すぐ登録して利用し倒しましょう。

webマーケティング業界はやめとけと言われる3つの理由

昔ほどではありませんがいまだにwebマーケティング業界で働くのはやめとけという人がいるのも事実。

はるか

webマーケティング業界に興味があるんですが。

なかやま

知らない業界って不安ですよね。まずはwebマーケティング業界はやめとけと言われる理由を見て見ましょう。
webマーケはやめとけと言われる理由
  1. webマーケティングはしんどい
  2. webマーケティングは胡散臭い
  3. webマーケティングを辞めたい理由

webマーケティングは「しんどい」からやめとけ

webマーケティング業界で働く人が「しんどい」と思う理由のうち、よく挙げられるのが「数字と向き合うのがしんどい」という理由です。

はるか

数字と向き合うのがしんどいというのはどんな気持ちなんでしょうか?

webマーケティングでは、

①仮説を立てて

➁施策を打ち

③検証をする

というプロセスをたどります。

これらはデータに基づいて行うのですが、施策に対して結果がついてこないとしんどいということだと思われます。

なかやま

とはいっても数字で反応が返ってくるのは気持ち良かったりもするものですよ。

webマーケがしんどいと感じる理由について
▼詳しくはこちらをどうぞ▼
webマーケティング しんどい【必見】「webマーケティングはしんどい」と言われる6つのワケとは?

webマーケティングは「胡散臭い」からやめとけ

webマーケティング業界は胡散臭いという見方をする方もいらっしゃいます。

はるか

webマーケティング業界って胡散臭いんでしょうか?

残念なことに、胡散臭い業者だったり自称フリーランスマーケターだったりが存在しているのは事実です。

ただ当たり前なことですが、きちんとしている会社は本当にきちんとしています。

なかやま

大切なことは、あなた自身がまっとうなマーケターとして活躍できるようになることですよね。

webマーケが胡散臭いと言われることについて
▼詳しくはこちらをどうぞ▼
webマーケティング 胡散臭いwebマーケティング業界に胡散臭い連中があつまるワケとは

webマーケティングを辞めたい人の理由

webマーケティングを辞めたいと考えてしまった場面として一番多く挙げられたのは、「施策が成果に結びつかないとき」という意見でした。

はるか

たしかに、どんなに頑張っても結果が見えてこないとくじけてしまうかもしれません。

ただ、そういった人たちがよく付け加える意見があります。それは、

「結局、仕事が楽しいから続けてしまう」

という意見。

なかやま

そうなんですよね。結果が出なくとも粘りつづけていると必ず報われたりするものです。

はるか

わかります。我慢が大きかった分、気持ちよくなったりするんですよね。

もう一つ言われる意見としては、

「もし今の仕事を辞めたとしても、webマーケティングのスキルは別のことにつぶしが効くので、キャリア形成として楽観的」

ということなんです。

なかやま

今の時代、webに強いということ自体が大きな財産なんです。

ですので、すこしでもwebマーケティングに興味を持っているのでしたら、飛び込んでみた方が絶対に正解ですよ。

【あなたは大丈夫?】webマーケティング業界はやめとけと言われる人の8つの特徴

はるか

「webマーケティング業界はやめとけ」という意見は、額面通りに受けとれない気がしてきました。
でも、webマーケティング業界に向いてない人っていないんでしょうか?

なかやま

残念ながら、いらっしゃいますね。いくつか特徴を挙げてみますので、参考にしてみてください。
webマーケティング業界はやめとけと言われる人
  1. デスクワークがイヤな人
  2. ルーティーンワークしかできない人
  3. 終身雇用でないとイヤな人
  4. 仕事が忙しいのがイヤな人
  5. 数字の分析がイヤな人
  6. 人の悩みを追求するのがイヤな人
  7. 勉強するのがイヤな人
  8. 自分で考えて行動するのがイヤな人

デスクワークがイヤな人はやめとけ

webマーケティングはやめとけという人ですが、デスクワークがイヤな人はやめておいたほうがいいですね。

なかやま

webマーケティングの業界はデスクワークが中心ですからね。

はるか

そうですよね。これは納得です。

ルーティンワークしかできない人はやめとけ

次に、ルーティーンワークしかできない人もwebマーケティング業界はやめておいた方がいいかもしれません。

なかやま

webマーケの世界にも事務や経理といった作業があることにはありますが、基本的にマーケターの仕事にはルーティーンワークはありません。

たとえば、以前ならGoogleやYahoo!といった検索エンジンに広告を出稿するのが有効な手法でした。

今ですと、YouTubeといった動画プラットフォームだったりInstagramのようなSNSへ広告を出稿するのが有効だったりします。

なかやま

このようにwebマーケティングの世界では常に盤面が変化していきます。逆にいえば想像力を働かせて仕事ができる点が楽しいともいえます。

終身雇用でないとイヤな人はやめとけ

終身雇用を求めるタイプの人はwebマーケティング業界はやめておいた方が良いかもしれません。

なかやま

webマーケはインターネットの急速な進歩とともに発展してきた業界です。花形職種なイメージのマーケターですがいまだ認知度は低いのです。

検索広告が有効な時代から、動画広告やSNS広告が有効な時代に変化したように、webマーケターに求められる形というものも常に変化を求められます。

ですので、公務員のように一生同じ仕事だけしていれば終身雇用から外れることはないという性格のものではありません。

なかやま

webの形が変わっていこうとも、マーケティングスキルは人と向き合うものですので磨いたスキルは財産になります。磨き続けたスキルで安定するくらいの気概を持った人にはピッタリです。

仕事が忙しいのがイヤな人はやめとけ

webマーケティングの仕事は、業務がおおくなりがちです。

なかやま

一人で数社の案件を受け持ったりしますので、どうしても業務量がおおくなってしまうのです。

いかに効率的にタスクを処理していくことができるかが一つのカギになります。

なかやま

大変な印象を与えるかもしれませんが、仕事の効率化って楽しいものですよ。

数字の分析がイヤな人はやめとけ

数字の分析が苦手な人にもwebマーケティング業界はおすすめできません。

なかやま

webの世界はあらゆるものが数値化されています。そこが強みだったりするのですけどね。

たとえば、

  • どのくらいの数の人が広告を目にしたのか?
  • そのうち何人が広告をクリックしたのか?
  • そのクリック率は何%か?
  • どのくらいの割合で成果に結びついたのか?

といった事柄の全てが数値で目にすることができます。

なかやま

こういったデータを分析することがマーケターとしての戦いの始まりです。クリック率が低いから文言を変更してみたりといった策を考えます。施策がハマって結果につながった瞬間がマーケターの醍醐味です。
ちなみに、数字の分析と聞くといかにも理系がおおそうな印象ですが、意外なことにマーケターの半数以上は文系出身だったりします。(内閣府「高度なIT人材の育成と大学教育」より

 

人の悩みを追求するのがイヤな人はやめとけ

人の悩みを追求することもマーケターに求めらます。

  • ターゲットとする見込み客はどのような悩みを持っているのか
  • この商品はターゲットの悩みにどのように役に立つのか
  • どのように表現をすれば商品に興味を持ってもらえるのか

はるか

ただ数字に向き合っていればいいというものでもないんですね。

なかやま

そうですね。データばかり眺めているとついつい忘れがちですが、画面の向こうにいるのは血の通ったお客様たちですからね。

ただそこは戦い方次第だったりもします。

人の悩みの分析が得意なマーケターもいれば、数値分析が得意なマーケターもいますので。

勉強するのがイヤな人はやめとけ

webの世界は身につけた方が良いことがたくさんあります。

  • SEO対策の知識
  • SNS運用
  • 広告の運用
  • 基礎的なマーケティングの知識

はるか

勉強することだらけですね。

なかやま

そんなに不安になる必要は無かったりします。いまは良いスクールや教材もそろっていますので。

すこし前だと、webマーケティングを身につけようと思っても、マーケティングだったりSEOだったり個別に学習を進めていく必要があってとても非効率でした。

なかやま

何冊も書籍を読み込んでインプットするところからスタートでした。

いまは必要な知識を過不足なく教えてくれるスクールがたくさんあります。

  • WEBMARKS
    関東住みには最強のスクールです。
    就職・転職サポート付きのスクールで全額返金保証付き!
    しかも、5月31日までの無料カウンセリングを受ければ受講料20万円OFF!!
  • TechAcademy WEBマーケティングコース
    第一線でバリバリ活躍するメンターから直接指導をうけられます。
    オンラインでの指導ですので地方在住者ならTechAcademyがおすすめ!
  • マケキャン by DMM.com
    WEBマーケターへの転職希望ならマケキャン by DMM.com。
    年収を大幅UPさせた事例が豊富!

はるか

知識を詰め込んだだけだと現場で役に立てなさそうで不安です。

なかやま

そうなんですよね。昔は書籍の情報をもとにおそるおそる現場に出ていく必要がありましたが、WANNABE Academyのように受講中に実務経験をつむことができるスクールも登場してきています。

スクールの登場によって、未経験の方にもマーケターへの間口がグッと広がりました。

自分で考えて行動するのがイヤな人はやめとけ

webマーケティングの世界は待ちの姿勢で与えられたことだけこなしていたいという人には不向きな業界です。

なかやま

webマーケティングの世界では、一人一人に裁量が与えられています。どうすれば売り上げをのばすことができるだろうかと、自ら試行して手を打っていくことが求められます。

はるか

責任もともないますが、とてもやりがいがありそうです!

普段から前のめりで情報を取りに行くタイプの人には向いている世界ですよ。

 

やめとけと言われるwebマーケティング業界。将来性は?

とどまることを知らないデジタルシフト

ネットが普及して私たちの生活様式がどんどん変化しています。

この流れはこれから変わるものではなく、今後さらなる変化が待ち受けていることが予想されています。

はるか

2020年は自粛要請の影響もあってリモートワークが一般的になりましたよね。

なかやま

そうですね。これに伴って企業の営業スタイルも大きく変化しました。

以前のように対面してセールストークを行うというのではなく、webサイトやSNSで顧客に接触し販売していくというスタイルに変化しています。

はるか

この流れがつづくと、webマーケターの活躍できるシーンがますます増えそうですね!

webのスキルが誰にでも求められる世の中になる

webのスキルが求められるのは何もwebマーケターに限られるものではありません。

はるか

いまや学生だってSNSにふれるのは当たり前ですもんね。

才能のある若い子たちは、感覚的にマーケティングをこなしてしまっています。

20代を迎える前に数百万もの利益をあげる子だっているほどです。

なかやま

とはいえマーケティングは才能の世界ではなくて、誰にでも再現可能なスキルの世界です。

就職や転職をするほどではないけれど、副業くらいならしてみたいという方は手っ取り早くマーケティングスキルだけでも身につけてみませんか?

コンバジョニスタなら抑えた費用で使えるスキルを習得するところまで学習を進めることができます。
気になったあなたは要チェック!

webマーケティング業界の魅力は?

他業種よりも昇級や昇格をしやすい

なかやま

webマーケティング業界は他業種よりも昇級しやすかったりします。

webマーケティング業界は社員の年齢層が若めで個人に大きな裁量が与えられているという特徴があります。

20代でも昇給しやすいのも大きな特徴ですよ。

2年目で主任、3年目で課長代理ということもありえます。

20代中盤からマネジメントに携わることができるのはこの業界ならではと言えます。

業界的に転職活動もやりやすい

webマーケティングはネットを通じて売ることに特化したスキルです。

物販のみならず、不動産、医療、求人など活躍できるフィールドは枚挙にいとまがありません。

なかやま

webマーケティングのスキルをもっていると、他業種からのオファーもかかりやすくなります。

はるか

キャリアアップやキャリアチェンジがしやすくなりますね!

webマーケターのニーズは日増しに高まっているにもかかわらず、転職市場では圧倒的にマーケターが不足しています。

なかやま

会社に籍を置くこともできますし、フリーランスとしても活躍できるのがwebマーケターの強みです。

独立・副業でさらなる収入UPのチャンスも

webマーケティングには独立・副業向きの強みがいくつかあります。

  1. webマーケターは、PC一つで仕事することができる
  2. webマーケターは、時間を切り売りするタイプの仕事ではない

はるか

PC一つで仕事ができるということは場所にしばられないということですよね。

なかやま

そうなんです。しかも営業とちがって、対面でモノを売る必要がありません。マーケター自身が働いていない間にもウェブサイトが販売してくれるので、忙しいビジネスマンの副業にもピッタリなのです。

【やめとけと言われない】webマーケティング業界に合う人の3つの特徴

変化を楽しみ向上心がある人

webマーケティング業界では、日夜新しい手法やサービスが誕生しています。

なかやま

変化が激しい業種ですので、常にアンテナを張っておく必要がありますが、仕事に刺激があって張り合いがありますよ。

ビジネスとしてYouTubeやTikTokの価値ががこれほど注目されだしたのはここ2,3年のことですし、こういったプラットフォームを攻略するために毎日マーケターたちが工夫を凝らしているのです。

はるか

退屈な仕事はガマンできないって方にぴったりですね!

変化を楽しめる方はそれだけでwebマーケターの資質を備えていると言えます。

裁量権を持って大きな仕事をしたい人

webマーケティングの仕事は若い内から裁量権をもたせてもらえるというのも大きなポイントです。

もちろんサポートは突きますが、入社当初から案件を任されることもザラにありますので、ガンガンと経験値をためることができます。

なかやま

20代のうちから他社の社長を相手に仕事できる業界なんてめったにありませんよ。

それだけ責任も伴いますが、しっかりとスキルを磨きながら取り組めば大丈夫です。

はるか

責任がおおきいと言われると、不安を感じてしまうかもしれません。

なかやま

先輩方もそのようにして成長していきましたので大丈夫ですよ。不安に思いながら体当たりで案件にぶつかってきたのです。

ですので、webマーケティングは裁量権を持って仕事をしたい人にこそおすすめな業界と言えます。

人と接する仕事をしたい人

意外に思われるかもしれませんが、webマーケティングは人と接する仕事でもあります。

なかやま

クライアントはもちろん、プログラマーやデザイナーといったチームの面々ともうまくコミュニケーションを取って業務をまわしていくのもマーケターの仕事です。
  • どのように話せばクライアントに納得していただけるか。
  • チームのメンバーに気持ちよく仕事してもらうにはどう動くべきか。
  • ターゲットとなるお客様は何を求めているのか。

このようにwebマーケターには人と向き合う側面があるのです。

はるか

黙々と数字とにらめっこしているわけではないので、親近感がわきます。

【一生モノ】webマーケティング業界で身につけることができるスキル

マーケティングスキル

webマーケティング業界に属していると、おのずとマーケティングスキルが身についてきます。

  • ターゲットとなる見込み客の設定をどうするのか
  • 見込み客は何を求めているのか
  • 見込み客が求めているものをとどけるためにどんな施策を打つべきか
  • 施策にどんな効果があったのかについての検証
  • 検証をもとに次はどう動くべきか

マーケティングスキルは幅広い分野に応用が効くと言われています。

たとえばアメリカ大統領選は”マーケティング会のF1”と呼ばれていたりします。

候補者をどのように演出すれば選挙に勝つことができるのかといった分野もマーケティングのスキルによって支えられているのです。

はるか

恋愛にマーケティングを持ち込んだりするインフルエンサーもいらっしゃいますよね。

アイディア次第で、幅広く応用できるマーケティングスキル。

webマーケティングに携わっているうちに必ず身につけることができますよ。

web広告スキル

所属している会社にもよる部分がありますがwebマーケティング業界に身をおいているとweb広告スキルも身につけることができます。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告

なかやま

広告を出稿して1クリックに数円~数百円といった費用で見込み客にアプローチをとると言った手法です。数字の管理が特にこまかいスキルになります。

web広告のスキルを個人が独学で身につけるのはけっこうハードルが高かったりします。

広告費を自腹で捻出しなければならなかったり、作業量が膨大になったりするためです。

なかやま

ですので、web広告の運用スキルを身につけるには企業に所属するか、スクールで学ぶかといった手段を取ることが現実的となります。

希少価値が高く、実用性もバツグンなweb広告の運用スキル。

webマーケティング業界に所属しているとこういったスキルも身につけることができます。

webサイトの分析スキル

webマーケティング業界に所属しているとwebサイトの分析スキルを身につけることもできます。

なかやま

自社のwebサイトに対して、ユーザーがどのくらい流入してきているのか、どの経路から流入してきているのか、自社サイト上でユーザーはどういった行動を取っているのかといった行動を分析するのがwebサイトの分析スキルです。

webマーケターの仕事はカンタンに表現すると

現状を把握して分析→その分析に対して効果的な施策を打つ→その結果を分析→分析結果にまた施策を打つ

というサイクルを取ります。

ですのでwebサイトのアクセス解析はwebマーケターにとっては基本ともいえるスキルになります。

顧客との対面コミュニケーションスキル

webマーケティング業界に携わっているとコミュニケーションスキルも身に着きます。

次に打つべき戦略をクライアントに説明する場面がありますのでプレゼンが上達するのです。

はるか

なんだか難しそうですね。

たしかに少し難しく聞こえてしまうかもしれません。

しかし分析結果で得た数字をもとに話を進めることができますので、目的地がハッキリした会話です。

 

なかやま

車の営業のように雑談から始めて顧客のふところに入っていくというようなテクニックまでは求められませんのでそれほど難易度の高いものではありません。

未経験者はやめとけと言われないのがwebマーケティング業界

webマーケターはいま圧倒的に不足しています。

未経験だからやめとけなんて言われることはまずありません。

ここではそんなwebマーケティングの身につけ方をいくつか紹介したいと思います。

  1. 会社に入る
  2. 書籍で学ぶ
  3. スクールで学ぶ

知識が無くても採用してくれる企業がたくさんある

実際に企業に所属してスキルを身につけてしまおうという話です。

よくビジネス系インフルエンサーが言っていることですが、お金をもらいながら勉強をさせてもらえるというのはやっぱり強いです。

なかやま

現場で覚えたスキルですからね。これ使えるんだろうか?と迷いながら学習するよりも効率よくwebマーケティングを習得できます。

興味があるならどんな案件があるかだけでもチェックしてみると良いですよ!

完全無料で利用できる転職サービス

情報戦を戦い抜くのがデキるマーケターというもの。
あなたの戦いのために4つのサービスは必ず役に立ちます。
【まずは登録】リクナビNEXT
【人材大手&充実サポート】doda(デューダ)
【20~30代の転職に強い】マイナビエージェント
【web・広告業界で最大手】マスメディアン
今すぐ登録して利用し倒しましょう。

独学もOK!書籍でガンガン知識をつけられる

大型書店をのぞけばマーケティング関連の書籍がたくさんならんでいるかとおもいます。

はるか

書籍で勉強するのは有効なんでしょうか?

なかやま

もちろん有効ですよ。ただし知識は知識のまま終わらせるのではなくて、実際に手を動かしてみることが重要です。

たとえば野球の指南書を読んだとしても、野球そのものが上手くなるわけではありませんよね。

webマーケティングもそれと同じで、実際に手を動かしてみなければ上達は見込めません。

なかやま

数字に向き合うのがwebの世界ですが、施策ひとつで数字の動きがガラッと変わります。実際に手を動かすと、こういった感覚が身についてくるんです。

ですので、学んだ知識はキチンとアウトプットをしましょう。

企業に就職するもよし、副業でブログをしてみるのもよしです。

はるか

インプレッションやエンゲージメントといった数値と向き合いながらSNSを触ってみるのもいいかもしれませんね!

やっぱりスクールに通うのが心強い

未経験で企業に入ることにハードルを感じる方はスクールがおすすめです。

インプットとアウトプットを効率よく行うことができます。

なかやま

経験豊富なメンターがマンツーマンで指導してくれるところがほとんどです。なかには就職・転職のサポートまで行ってくれるところも少なくありません。
  • WEBMARKS
    関東住みには最強のスクールです。
    就職・転職サポート付きのスクールで全額返金保証付き!
    しかも、5月31日までの無料カウンセリングを受ければ受講料20万円OFF!!
  • TechAcademy WEBマーケティングコース
    第一線でバリバリ活躍するメンターから直接指導をうけられます。
    オンラインでの指導ですので地方在住者ならTechAcademyがおすすめ!
  • マケキャン by DMM.com
    WEBマーケターへの転職希望ならマケキャン by DMM.com。
    年収を大幅UPさせた事例が豊富!